うなじ脱毛などをエステサロンなどで受けるなら知っておきたい「毛周期」について

うなじ脱毛などをエステサロンなどで受けるなら知っておきたい「毛周期」について

うなじ脱毛などの脱毛をエステサロンなどで受けるときに気になることの1つが、どれくらいの期間が必要なのかということです。
ムダ毛を意識しだすのは肌を露出する夏が多いため、その時期の予約は取りづらいのですが、その時期に行っても、脱毛がすぐに終わることはありません。
それは、満足できるようになるまでには、毛周期に合わせて何回か脱毛を受けなければならないからです。

 

ミュゼの襟足脱毛については、こちらの記事(ミュゼの襟足脱毛の回数は何回ぐらいを選べばいいのかな?)をご覧下さい。

 

まず1回目の施術では、レーザーや光を皮膚の表面に見えているムダ毛だけに反応させることができます。
(脱毛エステでは特殊な光を用いる「フラッシュ脱毛」が、医療脱毛ではレーザーを用いる「医療レーザー脱毛」が主流の方法となっています。)
生えている毛の毛根部分にある、黒いメラニン色素に作用させることで、そこにダメージを与えていくからです。

 

この皮膚の表面に見えているムダ毛は、成長期にある毛だけです。
成長しているときには、メラニン色素をたっぷりと含んでいるため、レーザーや光がそこだけにあたることになるからです。

 

このとき肌の奥には、表面に出ていなくて見えないとはいえ、休止期の毛が新しく生えるのを待っているのですが、これが生えてくると、見える毛としてレーザーや光で脱毛することが可能になるのです。
このように、ある一定の期間で毛が生え変わるサイクルのことを毛周期と呼んでいます。

 

そんな毛周期ですが、みんなが同じわけではありません。
毛の量や質によっては個人差がありますし、部位によっても差がありますので、一概にはこうだと言えないのです。
しかし一般的に、ワキの場合は2〜4ヶ月、ビキニラインは4ヶ月〜1年、ヒザ下は4〜5ヶ月くらいです。
様々なサイトを見れば、こういった周期を調べるとことは比較的簡単にできますが、その幅の開きを見ると、やはり個人差によって大きく変わってくるというのが理解できます。

 

また、脱毛を考える前に、自分でムダ毛を処理していた期間が長ければ、その負担の影響でサイクルが乱れている可能性があります。
そのせいで、新しく毛が生えてくる周期にばらつきが出てきますので、手入れをしていない人に比べると、脱毛を受ける期間が長くなってしまうかもしれません。

 

こういったことを頭に入れながら、ムダ毛のない肌を手に入れたい時期から遡って、脱毛を受けることが望ましいです。
このように、エステサロンなどの脱毛を効果的に受けるためには、毛周期を意識することが重要です。
そのため、カウンセリングなどで毛の状態を見せながら、相談して施術を受けていくのが良いでしょう。

 

襟足脱毛ミュゼ回数ラプソディのトップページへ